公務員の給料・福利厚生

公務員の休職のメリットを経験から解説。気になる給料や期間はどのくらい?

悩む君
悩む君
仕事が辛いから休職したいなぁ、でも休職するとどんなメリットとデメリットがあるんだろう

公務員として仕事をしていると、

業務内容や人間関係が辛くなって休みたいなと考える人も多いですよね。

私も仕事がうまくいかず、辛くなって休職をしたことがあります。

そんな経験を踏まえ、公務員の休職によるメリットとデメリットを解説していきます。

今回解説する内容

・休職によるメリット、デメリット
・休職と転職、おすすめは?
・休職までの流れ

今休職や転職をしようか悩んでいる方は是非最後までご覧ください。

公務員の休職制度とは?病休との違いは?

仕事探しのアドバイス

まず休職の制度そのものについて解説をします。

公務員は福利厚生がしっかりとしているため、休職制度や病休についてルールがあります。

ザワング
ザワング
病休と休職の違いを知らない人も多いのではないでしょうか?

休職と病休の違いは、期間と給料

病休は病気休暇の略称で、最大三か月まで取得することができるうえ、

その間の給料は満額保障という制度となっています。

対して3か月以上休む場合、休職という扱いとなり、最大3年間認められます。

最初の1年間は80%、次の1年半は3分の2

最後の半年は無給という形で給料はもらえるものの、給料は全額保証されません。

表にまとめるとこのようになります。

期間給料額
病休(3か月)100%支給
休職(取得後1年間)80%支給
休職(次の1年半の間)3分の2支給
休職(最後の半年間)無給

次は、給料面も含めた、休職のメリットについて見ていきましょう。

公務員の休職のメリットとは?

アドバイスをする女性

休職のメリットは大きく分けて3つあります。

・給料の保証
・最大三年間休むことができる
・人事に異動を考慮してもらえる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

1年以内なら80%支給!給料の保証

先程説明したように、病休・休職には、取得期間に応じた給料保証があります。

特にお金の心配がいらないので、休養に専念できるのはかなり大きいですね。

特に精神的に疲れているときは、判断力も低下しているので、

一度自分の時間を作ることは非常に大切です。

そんな公務員の恵まれた福利厚生を利用できるのは

休職の最大のメリットといって良いでしょう。

最大三年間休むことができる制度

給料面だけでなく、最大3年間もお休みすることができる(給料の保証は病休と合わせて2年9か月)制度も魅力的です。

特にうつ病などは人によって程度や状態が千差万別なので、期間にも余裕があると安心ですからね。

復帰後に人事担当者に異動を考慮してもらえる

復帰後の人事異動についても、優先的に考慮してもらえます。

復帰してすぐに病気が再発することを防ぐためにも、

無理のない部署や本人の適性に合った仕事に異動できる可能性が高いです。

ザワング
ザワング
人事担当者と直属の上司と3人で面談をすることもあります

公務員の休職についてメリットが大きいことが分かったところで、

次は休職のデメリットについて見ていきましょう。







公務員の休職のデメリットとは?

次は休職のデメリットは大きく分けて2つあります。

・出世に影響する
・休養中の行動に注意が必要

それぞれ見ていきましょう。

今後の出世に影響する

公務員として、管理職を目指している人は特に心配している人がいると思います。

結論から申し上げると、休職すると、出世にかなり影響します。

詳しくは別記事で解説しておりますが、公務員は出世するうえで、タフさが求められます。

実は多い公務員のうつ病、その原因を実体験から解説 今回は、公務員のうつ病について解説をします。 公務員とうつ病の関係と、うつ病になってしまう原因を解説していきますので、 今...

人事担当者としても、休職した人を、重要なポストに置きづらいという理由があります。

休養中の行動に注意が必要

休職中の行動については、いうまでもありませんが治療に専念しなければいけません。

特に休養中も給料が支給されることから、

休職中の行動に対してかなり厳しい目が向けられています。

もちろん本人が気分転換や治療の一環だったとしても、

旅行や祭りへの参加を理由に懲戒処分されることがあります。

実際の事例を見てみると、

大阪府教委は10日、休職中にヨーロッパを旅行したとして、同府吹田市立中学校の女性教諭(32)を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

府教委によると、教諭は病気を理由に休職中だった2014年11~12月に5泊7日でヨーロッパを旅行した。事前に相談した上司から控えるよう指導されていたが従わず、府教委は地方公務員法の信用失墜行為に当たると判断した。旅行を告発する匿名のメールが府教委に寄せられ発覚した。教諭は現在復職しており、「軽率なまねをしてしまい、反省している」と話しているという。

大阪府の教師がこのような理由で、処分を受けています。

もちろん上司の指示に従わなかったのも原因ではありますが、旅行が原因で処分をされています。

旅行と一口に言ってもケースバイケースなので、

休職中の行動について不安があれば、

あとから懲戒処分されないように必ず上司に相談し、意見に従いましょう。

ここまでで、休職のメリットとデメリットを解説したところで、

次は実際に休職を取得するまでの流れを解説していきます。

休職を取得するまでの流れとは?実体験含めて解説。

文章理解

次は、休職を取得するまでの流れを実体験に基づき解説していきます。

悩む君
悩む君
休職や病休を取得したいけど、何をすればいいか分からないよ…

という人も多いので、ここで休職までの流れを抑えましょう。

1:心療内科の受診
2:医師から診断書をもらう
3:直属の上司に相談し、診断書を提出する

診断書についてと必要な持ち物についてはこちらでも詳しく解説しておりますので、こちらもご覧ください。

公務員が休職・病休を取得するのに診断書は必要?実体験から解説! 「うつ病で仕事を休みたいけど病休や休職をするのに診断書って必要なの?」 「ほかに必要なものはあるの」 私もうつ病に悩み、病...

1:まずは心療内科の受診

心療内科をまずは受診しましょう。

現代社会でうつ病に悩む方は、かなり多く、病院も混雑しています。

初診でかかろうと思うと、1~3か月待ちというところがほとんどです。

私が初めて受診した際も2か月先の予約で受診をしました。

そのため病休や休職を取得したいというタイミングではなく、

「仕事が辛いな…」と思ったタイミングで電話するのがスムーズですね。

2:医師から診断書をもらう

1回目の受診でもらえることはほとんどないですが、

2回目以降の受診の際に、

「休職したいので診断書が欲しい」と相談すれば、医師から診断書を書いてもらえます。

3:直属の上司に相談し、診断書を提出する

医師から正式に診断書をもらったら、まずは直属の上司に相談し、

休職したい旨と、理由となる診断書を提出しましょう。

業務の調整などは、上司や人事担当が行うので、

仕事のことは気にせず休職して、療養に努めます。

以上が、休職までの流れになります。

思ったよりもシンプルで面倒な手続きはありません。

休職までの流れが分かったと思いますが、

中には仕事で迷惑をかけたくないとか、

人間関係が心配という理由で休職するのをためらっている人もいますよね。

そこで次は、休職すると職場に迷惑なのか?リアルを解説します。

復帰後の人間関係が心配?休職すると迷惑がかかる?

残業に疲れた人

ここまで読んで、休職を考えている人の中には、復帰後の人間関係や、

自分がいなくなることによって

仕事で迷惑をかけてしまうと心配される方も多くいらっしゃいますよね。

結論から言えば、そのような心配はいりません

休職することは権利として定められていて、

取得することをためらう理由は一つもありません。

また仕事については、人事や上司が仕事が回るように融通するので、

心配の必要がありません。

遠慮なく休職を取得して、療養に専念しましょう。

次は休職以外の選択肢である転職について、どちらがおすすめかを解説します。

休職と転職、おすすめはどっち?

二択に悩む男性

うつ病になったら休職という選択肢以外にも、転職するという選択もありますよね。

しかし結論から言うと、すぐ転職を考えるよりもまずは休職という選択をおすすめします。

なぜなら一般的に公務員は民間企業よりも福利厚生自体は手厚いからです。

民間企業でもブラックな会社も多いので、転職した結果、後悔する可能性も考えられます。

民間企業で働いてみたいという方や、

休職中に復帰が難しそうな方であれば、転職活動も視野に入れましょう。

他の記事にはなりますが、

公務員から民間への転職を成功させる方法を解説しておりますので、是非ご覧ください。

【20代限定】公務員からの転職を成功させるためには? 今回は、公務員からの転職を考える人に向けて、失敗しないための方法を解説します。 実際に公務員から転職するのは難しいというイメージ...
公務員から民間企業への転職はきつい?失敗しないためのポイントを経験者が解説! どうもこんにちは! 今日は公務員から民間企業への転職は厳しいのか、 公務員と民間企業のメリットデメリットは何かについてお話...

まとめ:公務員の休職はメリットが大きい

重要なポイントを解説する人

今回は公務員の休職について解説しました。

まとめ

・公務員の休職は最大3年間取得できる。
・病休と合わせると2年9ヶ月は給料がもらえる。
・休職自体は診断書があれば簡単に手続きできる
・転職よりも休職したほうがメリットは大きい

権利として保障されており、休職によるメリットが大きいので、

うつ病等で仕事が辛いときは遠慮なく使うべきということが分かりました。

病休や休職の制度がここまで整えられているのは、公務員ならではというものです。

使えるものはしっかりと使い、万全を期して仕事に復帰できるよう頑張りましょう!

以上ザワングでした。