公務員の仕事

公務員の役職は複雑で分かりにくい!?階級順に解説します!

公務員には課長や係長といった役職が民間企業と比べて、様々な種類、呼び名があります。

実際に私も公務員時代に「係長や課長は分かるけど、主査、主幹って何?!上下関係はどっちが上なの?」と困惑してしまったことがあります。

これから公務員を目指す方や若手公務員の方は、知っておかないと、いざというときに困ってしまったり、恥をかいてしまうので、必ず知っておきましょう。

今回は地方公務員の役職一覧と上下関係について、詳しく解説していきますので、是非最後までご覧ください。

地方公務員の役職とは?どのように昇進していくの?

まずは地方公務員の一般的な役職と昇進の流れを見ていきましょう。

地方公務員の役職は、下記の通りで「主事」「主任」「主査」「係長」「課長補佐」「課長」「部長」の順番で出世をしていきます。

それぞれの役職の詳しい仕事内容について見てきましょう。

地方公務員の役職

・主事
・主任
・主査
・係長
・課長補佐
・課長
・部長

主事

主事は民間企業でいう平社員のポジションにあたります。

高卒、大卒問わず、ほとんどの公務員が入庁すると最初に経験する役職です。

様々な部署を2~4年程度のスパンで異動し、公務員としての経験を積んでいく期間で、業務内容も上司からの指示やマニュアルに従って行う業務がほとんどです。

主事の段階では出世や給料に大きく差がつくことはなく、年功序列で昇給し、6~8年程度で主任に昇進する自治体が多いです。

例外的に東京都や東京特別区などでは、経験年数だけでなく、昇任試験に合格しないと主任に昇進できない場合もあります。

主任

主事が昇進すると、主任という役職になります。

年齢や職歴によっては経験者採用で主任からスタートする場合があります。

主任の業務内容としては、主事と大きく変わらず、上司からの指示やマニュアルに従って行う業務がほとんどですが、主事よりも難易度が高い仕事や責任の大きい仕事が振られることが多くなります。

主事・主任までは年功序列なので給料、出世の面で差がつくことはほとんどありません。

主査

主査は、係内の給与、人事関係の管理等や難易度の高い業務を行います。

部署によっては係長を補佐する役割も担うことがあります。

係長

係長は、その係を統括する役職で、係の運営や後輩の指導なども行うため、上司から指示された業務を適切に部下に割り振るマネジメント力とコミュニケーション力が求められます。

業務内容もより高度な内容となり、係長から先の役職はポストが限られているため、係長からは出世する人としない人の差が露骨に大きくなります。

また自治体によりますが係長からは管理職扱いとするところもありますよ。

課長補佐・課長代理

課長補佐は名前の通り、課長の業務を補佐する仕事がメインの役職です。

自治体によっては課長代理という役職の場合がありますね。

どの自治体も課長補佐からは管理職となり、残業代の代わりに管理職手当が支給されるようになります。

課長

課長はその課を統括する役職で、自治体の中にある課の数と同じ人数しかいません。

業務内容としては、課全体の統括、上司と部下の間で業務の調整や指示を潤滑に伝達する役割や、議会対応を行います。

課長になると議会対応が増え、議員との関わりも増えることから政治的な業務をこなすことも多々ありますね。

係長よりもポストが限られているため、課長になるためには、高い業務処理能力はもちろん、コミュニケーション力や、運も必要です。

町や村などの小規模の自治体の場合、課長が職員の中で最も高い役職の場合もあります。

部長

部長は多くの自治体で最も高い役職で、重要な事項や予算が絡む案件などの承認、議会対応が主な業務です。

課長よりもポストが限られるため、部長まで昇進することができるのは、同期の中でも1人いるかどうかです。

専属の秘書や部長用の公用車が付いてくることもあり、やはり一番上の役職だと業務内容も責任が大きい分、課長以下の職員と比べて、待遇も一線を画して良くなるというわけですね。

また都道府県や政令指定都市などの大規模な自治体の場合は部長の上に局長という役職があります。

主幹?参事?同じ課長でも色んな呼び方の役職がある?

ここまで地方公務員の役職について解説していきましたが、「主幹」「参事」などといった役職がある自治体もあります。

そこで次は先程紹介した役職以外に地方自治体にある役職が具体的にどのくらいの立ち位置なのか見ていきましょう。

副主幹

副主幹の主な業務内容は組織のサブリーダーとして上司のサポートをしたり、重要な仕事を取りまとめて行います。

次に解説する主幹や課長補佐、課長の下でサポートをするのがメインの業務というわけですね。

自治体によって若干役職の立ち位置が変わりますが、係長~課長補佐ぐらいの立ち位置であることが多いです。

主幹

主幹は「仕事の中心となる人」という意味合いがあり、業務の取りまとめが主な業務です。

主幹は課長補佐~課長クラスの役職であり、自治体が力を入れている分野に対して主幹が設置されていることが多いです。

副参事

副参事は、課長補佐~課長クラスの役職で、専門的な知識や経験を生かして、課長や係長の相談やアドバイス、サポートを行うのが主な業務です。

自治体によっては課長に昇進した際に経験を積ませるために「課長見習い」として副参事になる場合もあります。

参事

参事は課長~部長クラスの役職で、専門的な知識や経験を生かして、課長や部長の相談やアドバイス、サポートを行うのが主な業務です。

自治体にもよりますが、課長や部長の経験がない人が管理職としての経験値を積むために、参事を経験する場合もあります。







担当課長と課長の違いは?どっちが偉いの?

自治体によっては、担当課長という役職がありますが、課長と比較して、仕事内容や役職の違いはあるのでしょうか。

大きな部署や忙しい部署は、課長一人では対応できない業務量がありますが、課を2つに分けるわけにもいかない場合に、担当課長が置かれます。

そのため担当課長は、業務内容自体は課長と大きく変わらず、役職の立ち位置も課長と同じである場合か、課長の1つ下のである立ち位置であることがほとんどです。

まとめ:公務員の役職は複雑?

今回は地方公務員の役職について詳しく見ていきました。

特に部長や課長に出世したいという方や昇進に興味のある方は、役職の立ち位置をしっかりと把握しておくことが重要です。

自治体によって役職の名称や順番、昇進の仕方が異なるので、今回の内容を踏まえて勤務先の自治体にどのような役職があるのかチェックしてみましょうね。

以上ザワングでした。