公務員の給料・福利厚生

公務員の通勤は自転車一択!通勤手当で得する理由を解説

公務員に限らず、会社員の方は通勤手段に応じた通勤手当を受給しています。

「通勤手当って自転車でも支給されるの?」

「少しでもお得に通勤手当をもらいたい」

と考えている人も多いですよね。

そこで、自転車通勤の通勤手当の支給される金額や、お得な理由について解説します。

解説する内容

・公務員の通勤は自転車通勤がお得な理由
・自転車通勤の支給金額

実は条件さえ満たせば公務員の自転車通勤はかなりお得なので、ぜひ最後までお読みください。

通勤手当についてや不正受給については、こちらの記事で解説しているので是非ご覧ください。

【要注意】公務員が通勤手当を不正受給したら懲戒処分?必ず知っておくべきポイントを解説 「通勤手当としてバス代が支給されているけど自転車で通勤したら節約できるの?」と気になっている方もいますよね。 公務員だけでなく、...

自転車の通勤手当はどんな計算で支給されるの?上限額は?

給料袋

まずは自転車の通勤手当がどのくらい支給されるのか、支給金額を見ていきましょう。

公務員の自転車での通勤手当は、家と勤務先の距離を基準にして決まり、具体的な基準は自治体によって若干異なります。

自転車での通勤手当の具体的な金額については、下記の通りとなっています。

5キロ未満2000~3000円/月
5キロ~10キロ未満3000~4000円/月
10キロ以上(以下距離に応じて加算)4000円~/月

5キロ未満であれば月2000~3000円程度支給されますね。

年間で考えたときに距離が5キロ未満の場合でも2000円×12か月=24000円が支給されるので、自転車通勤は、公共交通機関と比べるとかなりお得です。

支給金額について見ていきましたが、自転車通勤には他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

公務員の通勤は自転車通勤がお得な理由

費用を解説

支給金額について見ていきましたが、自転車通勤には他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

公務員の自転車通勤のお得な2つの理由を詳しく見ていきましょう。

・支給額>購入費用になる
・仕事以外でも移動手段が増える

支給額が通勤費用を上回る

公務員の自転車通勤がお得な1つ目の理由は、支給額が通勤費用を上回るという点です。

支給金額で解説しましたが、自転車の通勤手当額は5キロ未満でも年24000円支給されます。

ただバイクや自家用車と異なり、ガソリンがかからず税金のかからない自転車は、故障しない限りランニングコストがほとんどかかりません。

そのため自転車の購入費用が20000円前後に抑えれば、1年自転車通勤するだけで手当額が購入費用を上回り、元が取れてしまいます。

20000円もあれば、下記で紹介したような自転車を買うことができるので、支給額が通勤費用を上回るというわけですね。


ALTAGE(アルテージ) ACR-001 クロスバイク 自転車 26インチ 6段変速 可変ステム 前後フェンダー マットブラック 46570


折りたたみ自転車 カゴ付 20インチ P-008N S字フレーム シマノ6段ギア ライト・ワイヤーロック錠付き (ブラック)

仕事以外の移動手段が増える

公務員の自転車通勤がお得な2つ目の理由は、仕事以外の移動手段が増えるという点です。

自転車は通勤用として購入したら、普段の生活でも移動手段として使えるため、買い物や少し遠出するときに徒歩よりも大幅な時短になり、電車やバスの移動から自転車に切り替えると、交通費を節約できます。

特に都心部であれば自転車移動の方が、自動車や公共交通機関より移動が便利なこともありますよ。







東京23区在住なら自転車通勤がよりおすすめ

自転車通勤がお得な理由で解説しましたが、都心部(特に23区内)では自転車移動が非常におすすめです。

都心部で自動車移動をする場合、交通渋滞に巻き込まれる可能性が大きく、さらに高額な駐車場代のコストがかかってしまいます。

電車などの公共交通機関と比較してみると、例として東京駅から新宿駅を移動する際、電車だと15分と200円がかかりますが、費用のかからない自転車でも30分前後で移動することができますよ。

移動時間は約2倍かかってしまいますが、電車の運賃や乗り換えの手間を考えると目的地次第では自転車のほうがお得で魅力的ですよね。

特に特別区で働いている方や特別区で働きたい方は自転車通勤を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

特別区で働きたい方や特別区に興味のある方は是非こちらの記事もご覧下さい。

東京23区で働きたい人必見!元特別区職員が各区の特徴を全て紹介します 「東京23区ってどんな自治体なの?どんな区があるの?」と気になっている人はいませんか? 地方公共団体の中でも特殊な自治体の特別区...

まとめ:公務員は自転車通勤一択の理由

今回は自転車での通勤手当の支給額とお得な理由について解説しました。

今回のまとめ

・自転車通勤の通勤手当は片道5キロ以内なら2000円~3000円
・手当額で自転車代の元が取れる
・特に都心部は自転車通勤の恩恵が多い

自転車のランニングコストと支給額を踏まえると、特に都心部に住んでいる方の場合は、自転車通勤がおすすめです。

天候に左右されるというデメリットもありますが、自転車通勤にはそれ以上にたくさんのメリットがありますね。

不正受給せずに、公務員が合法的に通勤手当で得する方法なので、是非自転車通勤を始めてみましょう!

【要注意】公務員が通勤手当を不正受給したら懲戒処分?必ず知っておくべきポイントを解説 「通勤手当としてバス代が支給されているけど自転車で通勤したら節約できるの?」と気になっている方もいますよね。 公務員だけでなく、...

以上ザワングでした。