研修・新人向け

【条件付き任用期間】公務員にも仮採用期間がある?【1年目必読】

「公務員として働き始めたけど、条件付き任用期間って何?正規採用じゃないの?」と気になっている方も多いですよね。

条件付き任用期間と正規職員にどのような違いがあるのか知っておきたいですよね。

そこで今回は公務員の条件付き任用期間の期間と正規職員の違いについて解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

条件付き任用期間(仮採用期間)って何?

条件付き任用期間とは、民間企業の研修期間や仮採用期間などと同様のもので、試験だけでは判断できない公務員としての適性や職務遂行能力を見るために、設けられている期間のことです。

条件付き任用期間はいつからいつまで?

一般的な公務員の場合、条件付き任用期間は4月1日採用の場合、4月1日~9月30日の6ヶ月間で、基本的には条件付き任用期間が終わる10月1日に晴れて正規採用となります。

例外として教員などは1年間条件付き任用期間がありますよ。

正式採用されない場合もあるの?クビになることも?

条件付き任用期間が終わる9月30日の段階で正規採用されず解雇される場合はあるのでしょうか?

基本的にはそのまま正規採用されますが、ごく稀に分限免職(クビ)をされる場合もあります(過去にも正規採用されず分限免職になったケースがあります)。

ただ、解雇される場合は勤務態度があまりにも悪かったり、社会人としての最低限のルールが守れない場合など公務員としての適正がないと判断されたときに正規採用されず分限処理(クビ)にされてしまいます。







条件付き任用期間中の福利厚生・待遇は?

条件付き任用期間中の給料、有給などの福利厚生や待遇の面で正規職員との違いはあるのでしょうか?

結論からお伝えすると条件付き任用期間中でも正規職員と同様の福利厚生となっていて、社会保険や労働組合にも正規職員と同じように加入できます。

給料面でも正規職員と同様の俸給表に基づき支給され、有給も1年目から20日分付与され、仮採用期間中も自由に使うことができます。

1年目の有給についてはこちらの記事でも解説していますが、1年目でも割と自由に有給を取得することができますよ。

【新人公務員必見】1年目で有給休暇を使い切るのはNG!その理由とは? 「1年目で貰える有給休暇って使い切っても良いの?」と気になっている新人公務員はいませんか? 休む権利があるのに使わないともったい...

条件付き任用期間にできないこと、NGなことは?

条件付き任用期間の福利厚生について見ていきましたが、次は条件付き任用期間中にできないことを見ていきましょう。

条件付き任用期間中に出来ないこととして条例や職場内のルールとしてよく挙げられるのが、自動車の運転です。

こちらの記事で詳しく解説していますが、自治体によっては自家用車であっても運転をしないように決まっている場合もあります。

公務員は仮採用期間中の運転はNG!自家用車でも運転できない場合も? 「仮採用中は公用車でも運転しちゃダメ」という話を同僚や上司から聞いたことがありますよね。 条件付き任用期間と呼ばれる仮採用の期間...

他にも自治体ごとで細かいルールや決まりがあるので、あらかじめ確認しておくのは無難ですね。

まとめ:条件付き任用期間はいつまで?

今回は公務員の条件付き任用期間(仮採用期間)について解説しました。

今回のまとめ

・条件付き任用期間は4月1日~9月30日の6ヶ月間
・福利厚生は正規職員と同じ
・条件付き任用期間中は自家用車でも運転NGな場合あり

条件付き任用期間はよほどのことがない限りはそのまま正規採用されるというわけですね。

せっかく試験を突破して公務員になったのに条件付き任用期間中にクビになってしまわないように気を引き締めて、仕事に臨んでいきましょう。

以上ザワングでした。